Top > ワイン > ワインおすすめしてもらえばいいのに、恥ずかしくてできない

ワインおすすめしてもらえばいいのに、恥ずかしくてできない

ちょっとお高いレストランに行ったりすると、メニューには沢山のワインが載っています。しかし、気になるのは味よりも値段という人も多いのではないでしょうか。料理に合う合わないよりも、とりあえず一番上に書かれていたものを頼んだり、安い物を頼んだり、せっかく頑張っていいお店を予約したのに、緊張感から楽しめなかったりしますよね。

 

おすすめのワインを聞けない人のための

 

分からなかったら、ワインおすすめを聞けば親切に教えてくれるのですが、聞くのも恥ずかしいんですよね。慣れてないみたいで。いや、慣れてないんですけどね。スマートに注文してる人も、最初はこんな感じだったんでしょうか。スマートになるためには場数を踏まなければならないのでしょうか。堅苦しいのが苦手なので、楽な方に逃げてしまいそうです。

ワイン

関連エントリー
ワインおすすめしてもらえばいいのに、恥ずかしくてできない
カテゴリー
更新履歴
ララルーチュレジーナ(2017年11月 5日)
カラオケ下手を克服したい人のボイトレ方法(2017年9月23日)
心のときめきデートクラブ(2017年7月 2日)
ワインおすすめしてもらえばいいのに、恥ずかしくてできない(2017年6月 6日)
引越しの大変さを知ろう(2017年5月18日)