Top > ボイストレーニング > カラオケ下手を克服したい人のボイトレ方法

カラオケ下手を克服したい人のボイトレ方法

カラオケが苦手な人の中には音程が合っているにも関わらずとても音痴に聴こえてしまう人がいますが、その原因はリズム感にあると考えられます。

 

 ■横浜のヴォーカル教室に通っています

リズム感に問題がある場合には、まず音楽を良く聞いて耳に慣れさせることが最も重要な改善方法になります。
そして、音楽を聴きながらボイストレーニングをすることでより効率的に音痴を改善することが可能です。
小さな玉状の物を口に加咥えて、その状態で言葉はどのようなものでも構わないので喉が震えるように声を出します。
この時、玉が震えて振動を感じることが大変重要で、このトレーニングにより声帯が歌を唄うために正常に機能していることを確認し、カラオケの際に必要な声帯の使い方を学習することが出来ます

ボイストレーニング

関連エントリー
カラオケ下手を克服したい人のボイトレ方法